« 2024年4月 | トップページ

2024年5月28日 (火)

2024年皐月の日々 ~ 人は何のために祈るのか

 

Photo_20240528105901


SNSや写真データーアプリでは、『○年前の今日』というようなお知らせが、自動的にあがってきます。
先日も、2015年5月のブログがあがってまいりました。

『人は何のために祈るのか』
http://yumih8.cocolog-nifty.com/1000winds/2015/05/why-do-people-h.html?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTEAAR2BYZYB6fLiOLR60uLhxr0S3t12f5fUYu-M4Tq3P3N0r9B2WvYjxr12Sk8_aem_AcPJUE12696eTyUS6eHQZr7LZLTORjoQbXlL1an3S-Kv7ZKo3O6FTGwRsRy-CtGpS59A6MstXl9mxZUmcwSKxALm

2015年は、まだ孫娘がひとりっ子で、母は元気に仕事をこなし、よく皆で一緒に旅行や食事にも出かけ、平和な時代でした。
それでもそれなりに悩み迷ってはいましたけれど、今思えば、何と穏やかで幸せな日々でありましたことかと・・・

さらに、このブログの元ネタは、2009年に、京都産業医ブログにアップしました記事です。
http://京都産業医.com/blog/%E4%BA%BA%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E7%A5%88%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/

2009年は、まだマクドナル神父から洗礼を受ける前、今から思いましたら、ほぼたいした悩みは無く、将来に何の心配もせず、日々、ゆるゆると何不自由無く過ごしていました時期ですね。

この中で、電化製品のことに触れております。

私たちの意識は、電気信号のような波動により形成されているとの説があります。
祈りも、ある意味、波動の共振であるのでしょう。

その共振を、ポジティブに起こすには、どうしたらよいのでしょうと、これまで、宗教や、霊能者巡り、レイキやホ・オポノポノ、あれもこれもと、ずいぶん色々なことを試してまいりましたが、当時からしましたら、思いもよらない未来に、今、私はいます。

あまりに色々なことをし過ぎて、人生が、実験のようになってしまったのかもしれません。

この先どうなりますのか、わかりませんが、まさに
『祈るしかない』
との心境にあります今日この頃です・・・

ありがとうございます♡♡♡




(追記)

20245


屋根裏から、先月は、夫と私の幼い頃の洋服を発掘しまして楽しみましたが、今は、長男が子供の頃に集めていましたミニカーを、孫の男の子が、自分の部屋に飾り付けて楽しんでいます。

今どきのプラスチック製ではなく、重みのある金属で、細部まできちんと造られた物たちです。

私はこのところ、せっせと断捨離をしておりますが、想い出の深いものは、残しておかなければなりませんね。
孫の笑顔を嬉しく思います。

ありがとうございます♡♡♡




(追記2)

Photo_20240528113001


久々に華やかな場に出席します機会があり、あれこれ迷いましたが、この『縫い取りお召しの訪問着』を選びました。

縫い取りお召しは、大正時代から昭和の初期に流行しました、金銀糸や色糸の織りで、刺繍のような風合いの模様を表現しました生地です。
中でも絵羽柄(留め袖や訪問着)に織りあげましたものは貴重で、今では織られていないものと思います。

当時は、外国の花や風景などの図案が流行しましたこともあり、この着物も、エキゾチックな洋花が織られています。

着物を活かすため、帯はシンプルに、金霞の綴れ帯を合わせました。

帯留めは、アンティーク着物の雰囲気に合わせ、砂金石の薔薇の花を合わせました。
光が当たりますと、着物のラメと砂金石のキラキラがリンクします。

着物は100年ほど前のものですので、バッグは、母が1960年代にダンスパーティーで愛用しておりましたビーズ刺繍、70年ほど前のものを合わせました。

扇子は、昭和中期に流行しました白檀で、50年ほど前のもの。
当時は、お土産やプレゼントによく使われていましたようで、母も祖母も、周囲の大人の女性も、ひとつならず持っていましたね。

いずれも、お手入れされているとはいえ、ほぼ傷みは無く、綺麗ですことに感動いたします。
祖母や母の若い時代に思いをはせるひとときとなりました。


Photo_20240528115701


蚊絣に白抜きで蔦の葉を織り出しました大島紬には、清楚な白薔薇の染め帯を合わせ、初夏の爽やかな装いとしました。




(追記3)

20245_20240528120001


今月のラー君♡

すっかり中年の風格が出てきましたが、その一方で、だんだん素直に甘えるようになってきました。
今も毎日、福ちゃんマナちゃんを想わない日は無く、写真に語りかけつつ、ラー君の甘えん坊に癒やされています。

ありがとうございます♡♡♡




(追記4)

京都産業医ブログも更新いたしました。

http://京都産業医.com/blog/%e7%88%bd%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%aa%e5%ad%a3%e7%af%80%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%ad%e3%80%82/

| | コメント (0)

« 2024年4月 | トップページ