« 2016年霜月の日々~人生はアイオライトのように | トップページ | 2017年睦月の日々 ~ 新年のご挨拶 »

2016年12月24日 (土)

2016年師走の日々~再びゼロポイントへ

 

Photo


静かな聖夜を迎えました。

優しかったお姑さんの命日でもあります。
毎年、その日のことを思い出し、家族と語り合います。

2016年も、あと残り一週間ですね。

振り返れば、この数年毎年、わが家には、人生が一変するような大きな出来事が、次々とおこります。

長男の結婚、孫の誕生、思わぬ転居、思わぬ家族にふりかかる問題・・・・・・・これは、クリーニングの結果? 天の采配?・・・・・・・

それ以前の人生におきましては、ごく狭い世界の中で、あまり他者と関わらず、マイペースに生きていましただけに、急激な変化の波の中を泳ぐのは、大変です。

それでも、自分なりに、試行錯誤しながら少しずつ、泳ぎ方を習得しつつあるはず・・・・・・・と思っていましたところ、今年の後半には、さらに想定外の人生の転機が、降って湧いたようにやってきました。

その課程においては、ネガティブな問題も、次々に噴出し、心身のキャパシティを超えてしまったためかと思われます体調不良(もう回復しましたが)や、人間関係の試練、etc・・・etc・・・

その度に、内観し、クリーニングし、天に問いかけ、何とかひとつひとつ、折り合いを付けながら、今日に至ります。

Photo_3


そうそう、体調不良の件ですが、私は医療関係の環境に身を置きながら、「自力で治す主義」でした。

これ迄は、風邪をひいても、お薬は飲まず、他の方法で、たいてい一晩で回復していましたから、今回も、そのつもりでした。

ところが、生まれて初めて、まる一ヶ月間、咳が止まらないという症状で、睡眠も食事も充分にとれず、すっかり消耗してしまいました。

さすがに家族に促され、検査を受けましたが、レントゲンにも血液検査にも異常はありませんでした。
そして、何らかの原因で気管支が過敏になり、咳喘息を誘発したのでしょうと、お薬をいただきました。
すると、あっさり咳が止まり、食欲も回復!
我ながら呆れました。

考えてみましたら、SITH-Ho'oponoponoでも、クリーニングしたからといって、たいていの場合は、病気そのものが治るわけではありません。

自分の中にある「病気の記憶」が再生された時に、クリーニングをすることにより、最適な病院、最善の治療法に辿り着き、それにより、今生で、その記憶 (日本人には、因縁という方が、わかりやすいかもしれませんね) を、昇華することができるのです。

最近、少々 慢心していたのかもしれません。

あらためて、ゼロポイントhttp://yumih8.cocolog-nifty.com/1000winds/2014/03/the-zero-point-.html に立ち戻ることを、思い起こさせてくれます経験でした。

Peace of I ♪♪♪

そして皆さま、良き年末年始をお過ごしくださいませ♪♪♪




(追記)

2016


今年も、長男のお誕生日に、長男夫婦から、お花が届きました♪

「産んでもらって、ありがとう」のお花なのだそうです。
長男のお誕生日は、私たち夫婦が親になった記念日でもありますね。

ありがたいことです。

Thanks be to God♪♪♪



(追記2)

201612


Kyoto Pag-asa Filipino Community)http://en.wikipilipinas.org/index.php/Kyoto_Pag-asa_Filipino_Community の方々が、今年も、ボランティアでクリスマスソングを歌いに来てくださいました。

今年は、これまでとは違う病院に移り、雰囲気も変わりましたので、企画をすすめる中で、京都府警の署員のかたによる「防犯についてのお話し」と、長男のお嫁さんと友人によるヴァイオリン演奏を、コラボで行うこととなりました。

201612_2


お嫁さんと長年デュオとして活動してくださった西原百合絵さんは、来月、ご結婚のためオーストリアへ移住しはりますので、デュオもしばらくお休みになることと思います。

そういう意味でも、良い記念になりました。

たくさんの方々の、ご厚意、ご協力をいただきまして、感謝いたします。

ありがとうございます♪♪♪



(追記3)

2016


上記のミニコンサートで、お客さまからママに頂いた花束をひとつ持たせてもらい、ご満悦の孫娘♡♡♡



(追記4)

201612_3


テーブルの下で、家族の食事が済むのを待つ 福ちゃんです。

食事が済むと、おやつが出てくるのを知っていますので、お利口に待っています。

そして、もうそろそろ・・・と判断すると、家族のお膝にピタッと顎をのせて、キラキラの瞳で見上げます。

福ちゃんにとりまして、至福の時間のようですね(^_^)


Photo_2


|

« 2016年霜月の日々~人生はアイオライトのように | トップページ | 2017年睦月の日々 ~ 新年のご挨拶 »

コメント

とも☆さま

ありがとうございますnote

本当に、仰るとおりですね!

私の場合は、執着や固定観念を、なかなか手放すことができずにいますが、全ては必然、万事良好、との気持ちで、穏やかに新年を迎えたいものですshine

投稿: ゆみ | 2016年12月26日 (月) 20時42分

こんにちは。

私もクリーニングしていれば、良いことしか起こらないと思い込んでいました^^

でもクリーニングすればするほど、変化が激しくなり、それでホオポノポノを辞めてしまう方も多いんだと思います。

私は、今年も手放しの一年でした。人間関係が一掃され、自分の中の執着を手放しました。今、とても静かで穏やかです。

変化の渦中は大変な思いもしますが、全ては必然。感謝して年越しを迎えれば・・と思います。

ありがとうございます。

投稿: とも☆ | 2016年12月26日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105640/64669416

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年師走の日々~再びゼロポイントへ:

« 2016年霜月の日々~人生はアイオライトのように | トップページ | 2017年睦月の日々 ~ 新年のご挨拶 »