« 2016年 文月の日々~身体の声は、ウニヒピリの声 | トップページ | 2016年長月の日々~足跡 »

2016年8月25日 (木)

2016年葉月の日々~人間50年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり


Photo

この8月で、57才になりました。

平家物語の「敦盛」の中に、「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」との一節があります。

織田信長が、桶狭間での出陣前や、本能寺の変の時に、この節を含む幸若舞を舞ったことで知られていますね。

現代では、「人生は50年間程度のもの」と解釈されることもありますが、実際の意味は、微妙にニュアンスが違い、

「人の世の歳月の50年は、下天(天界では一番下の階層の世界、一日が人間界の50年とされています)の時間軸に比べれば、夢幻のように儚いもの」と解されます。

ですので、「人生は、宇宙の時間軸からみれば、ほんの一瞬のことですから、目の前の出来事に一喜一憂することなど意味無いのですよね」という捉え方もありますが、やはり、たとえ一瞬の時間であっても、この世に生まれてきたことには意味があるのですね。

泣いたり笑ったり、喜びも悲しみも、あらゆる感情をも体験し、最終的には、「愛」を学ぶために今生があるのでしょうと思います。

イエス・キリストも仏陀も、天界にいるだけでは体験のできない「人間の苦しみや悲しみ、それらを通して学ぶ゛愛゛」を実体験するために、この世に生まれてきはったのでしょうと、私なりに理解しています。

Photo_2


以前書きました「この世は特殊な霊界」ということも、そうした意義のあるシステムなのでしょうね。http://yumih8.cocolog-nifty.com/1000winds/2016/03/post-9d97.html

そのような意味でも、目の前に起こる出来事は、ネガティブな感情も含め、しっかりと受け止めつつ、クリーニングを続けることが大切なのでしょう。

それらを通し、最終的に「愛と調和」を学ぶために、私たちは、生まれてきたのですから。

Peace  of  I ♪♪♪




(追記)

Photo_5


今年の送り火は、母や息子一家、お世話になっている人達と共に、ホテルですごしました。

この2年ほどは、孫たちが小さかったこともあり、家族だけで、自宅の近くの河原から大文字を眺めて、静かに過ごしていましたが、http://yumih8.cocolog-nifty.com/1000winds/2015/08/post-70c4.html

今年は、母の希望を汲み、皆で会することとなりました。
あいにくの大雨で、ホテルからはほとんど見えませんでしたが、きちんと点火され、近くの方達には、赤い水蒸気のような幻想的な光景として映ったそうです。

送り火を終えると、「もう今年も秋を迎える時期になるんやね〜」と、一抹の寂しさを感じます。

ありがとうございます♪♪♪




(追記2)

Photo_6
祖母ばかお許しください💦
3才の孫娘は、とてもおしゃまさんで、もうすっかり、私のいい話し相手です。
先日、前髪を、ほんの数ミリ切った翌日には、開口一番、「おばあちゃん、前髪切ったの?」と聞いてくれました。手にほとんど目立たない小さな擦り傷がありましても、「おばあちゃん、どうしたの?痛くない?」と聞いてくれます。
鋭い観察力に、ひたすら感心!

1才の男の子は、甘え上手で、まだ言葉ははっきりしませんが、しきりに歌っています。

どのような大人に成長するのでしょうか。

「どんな環境にあっても、幸せを見つけられる人になってね、どんな境遇になっても、おばあちゃんはあなたたちの味方、生まれてきてくれて、ありがとう~」

まだ意味はわからないでしょうが、そう言い続けていますおばあちゃんです(^^ゞ

Thanks be to God♪♪♪



(追記3)
Photo_4

長男が、facebookにあげていました写真です。

コーヒークリームを、無心に飲んでいる蚊です。
不思議です〜〜〜

血液を吸うのは産卵時の雌だけで、雄や、ふだんは雌も、樹液やお花の蜜を摂っているようですね。

この蚊は、どちらなのでしょう、、、?
もし、産卵時の雌が、血液の代わりにコーヒークリームを飲んでいるのでしたら、何か平和利用に繋がるかもしれませんね(^_^)




(追記4)

Photo_7

Photo_8
















今年も月下美人のお花を見ることができました。

ある夜、実家で用事を済ませて帰ろうとしましたら、ふんわりと漂うそれはそれは美しい香りに気づき、背後に気配を感じて振り向くと、今まさに開花しはじめたところでした。

蕾がほどけるようにふわりと咲きはじめ、それにつれて、香りもしだいに強くなります。
満開になるまで、うっとりと眺めていました。

月下美人は、夜8時頃から咲き始め、数時間でしぼんでしまいますが、その香りは、何とも形容しがたいほどの美しさ、天国にはこのような香りが漂っているのでしょうか・・・と思うほどです。しかも、開花しているわずか数時間しか香りませんから、タイミング良く出会えた時には、幸せです。

ありがとうございます♪♪♪




|

« 2016年 文月の日々~身体の声は、ウニヒピリの声 | トップページ | 2016年長月の日々~足跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105640/64107978

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年葉月の日々~人間50年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり:

« 2016年 文月の日々~身体の声は、ウニヒピリの声 | トップページ | 2016年長月の日々~足跡 »